昨日から学び、今日を生き、明日に期待しよう。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


恋と呼ばれる一過性の発情症候群に於ける
その発病及び傾向と対策について考える


年齢 性別 職業 ツベルクリン反応 郵便番号の如何を問わず 凡そ次のとおり

開き直らねば何もできず ただ暗く爪をかみ 目が点になって ため息ばかりの A型

他人のことなど考えられずに 大切な花畑 平気で踏み荒らして ヒンシュクをかう B型

今日と明日では 自分同志で意見が分かれて 熱し易く冷め易い AB型

その内なんとかなるんじゃないかと思っている内に 自分だけ忘れ去られている O型

その他いきなり優しくなったり
急に詩人になるケース
夜中にいなりずしをどうしても喰べたくなる場合
海に向かって ばかやろー と叫ぶなどは
よくある事で 更に 若いのに髪が薄くなる方もある

なにしろこれらがある特定の人にだけ
反応するって事は恋は一種のアレルギーと考えてよい

恋におちたら一部の例外を削除すれば およそ 男は男らしく女は女っぽくなるものらしい

手相 星座 サイコロ タロット 四柱推命
その他茶柱まで

相性占いなど気になったら もう恋


相手には自分の良い所ばかり
見せたくなるものであるし
相手の欠点には気づいても気づかずにいられるし
食べ物 着るもの 見るもの 聴くもの
すべて好みが合うと思うし
毎日が二人の記念日になる


ところが一年二年とたつうち見えてくるんですよ
恋とは 誤解と錯覚との闘い

そのうちなんだかお互い知らない人に思えてきて
次第に疲れて 会っても無口になる

初めは めまい 立ちくらみ
食欲不振で気付いた恋がいつか

注意力散漫 動悸 肩こり 息ぎれに変わり やがて
頭痛 発熱 歯痛 生理痛 すり傷 切り傷
しもやけ あかぎれ 陰金 夜泣き かんむし 田虫 水虫 出痔 いぼ痔 切れ痔 走り痔
えーと えーと... えーとせとら



とにかく そんな風に 笑っちまった方が
傷つかずに済むってわかってるんだ
誰だってそうだろう


恋は必ず消えてゆくと 誰もが言うけれど
ふた通りの消え方があると思う
ひとつは 心が枯れてゆくこと そしてもうひとつは
愛というものに形を変えること


相手に求め続けてゆくものが恋 奪うのが恋
与え続けてゆくものが愛 変わらぬ愛

だから ありったけの思いを あなたに投げ続けられたらそれだけでいい

おそらく求め続けてゆくものが恋 奪うのが恋
与え続けてゆくものが愛 変わらぬ愛

だから ありったけの思いを あなたに投げ続けられたらそれだけでいい

あなたに出会えて 心からしあわせです

スポンサーサイト

【2014/03/09 23:57】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。